欧州からの春便り~歌とピアノにのせて



a0089808_11533997.jpg
a0089808_11535181.jpg



「プログラムは佐渡山のピアノソロでシューマン作曲の謝肉祭を


原田・當山でドイツとフランスの歌曲


佐渡山・當山のピアノ連弾で、フォーレ作曲ドリー、ブラームス作曲のハンガリー舞曲より演奏します。


3人で沖縄で演奏する動機は、佐渡山が沖縄出身


私も夫が沖縄出身なので、かねてから、ぜひ一度沖縄で演奏したいと3人で話していたためです。」



               ********************************************************************





っていうことで!!


友人の奥様が出演する歌とピアノの演奏会♪


普段、マイクとスピーカーから通した音ばかり聴いているので


本当の音を聴くにはいい機会です♪


a0089808_1611372.jpg



チケットげっちゅう~♪


















[PR]
# by whekata | 2017-03-20 16:18 | 舞うメロディーと詩の受粉 | Comments(0)

第一回中城演劇フェスティバル


2017年、いつのまにやら3月・・・

年明けの1月、第一回中城演劇フェスティバルがありました♪

場所は、世界遺産の中城城跡

城壁に囲まれた舞台の上で第一級の演劇、舞踏、狂言が上演されました。




僕が観にいけたのは演劇と舞踏





まずは、27年前に東京で見たことのある

「幕末純情伝」  作 つかこうへい


a0089808_14443564.jpg

   あらすじ

   新撰組に女がいた、沖田総司。

   小さいころから男として育てられた孤独な女

   総司は愛する土方歳三のため、勤皇の志士たちを斬り続ける。

   そんな総司の前に、土佐の龍 坂本龍馬が立ちふさがった。


   総司と土方、そして龍馬の胸を焦がす、熱い恋の行方とは?

   そして、勝海舟、桂小五郎・・・幕末の若き志士たちが夢見た、

   新しい時代の夜明けとは?

























それと、舞踏劇「クレージーキャメル」



a0089808_1502092.jpg

   ごあいさつ

   この舞踏劇は、公演するその地、その地を寿ぐ性質のものです。

   特にこの中城城跡という由緒ある「場」は、

   古来からの魂たちが大いに集う場であります。

   我々はその魂たちと共におどり戯れるということになります。

   むしろその魂たちの笑いや苦悩や怒り、悲しみ等々が我々舞踏者をおどらせ、

   演じさせるのだと考えます。

   ・・・・・


   主宰・舞踏家・俳優

   麿 赤兒
























1月の寒い時期の野外なので

寒さが足元からじわじわきますが、

防寒対策をバッチリすれば大丈夫!!  ・・・かな

まぁ、希望をいえばもうちょっと暖かい時期がいいかなとは思いますが

中城城跡という

「兵どもが夢のあと」的な雰囲気のある場所での

中城演劇フェスティバルが、これから楽しみです♪♪



2017年、

いい舞台を観れて勢いのあるいいスタートがきれました!!













a0089808_1526122.jpg

[PR]
# by whekata | 2017-03-01 15:30 | 深遠の根っこ | Comments(0)

怖い夢


一番怖かった夢があります。
a0089808_16355654.jpg




・・・





気づくと私は闇の中にいました。

まわりは何も見えない深い深い暗闇です。

ただ、じっと見られている視線だけを感じました

落ち着かない私は、視線の感じる方に目をやりますが何も見えません

ただの闇、闇、闇です。



目をそらすことができずにいると

漆黒の闇の中から、ふっ と顔だけが浮かんできました。



それは

無表情なのに目をしっかり見開いてこちらをただ、じっと見つめていました



その人物は

私が今どんな状態なのかも

どんなにその場を誤魔化そうとしているかも

どんなささいな嘘をつこうとしているかも

そのすべてを見透かしていました。

その顔にじっとみられていると、首筋から冷や汗がひとすじ流れていきました



じっと私をみつめ深い深い闇の中から

ふっ と浮かび上がったのは





自分の顔





そこで目が覚めました。















[PR]
# by whekata | 2016-06-01 16:44 | 緋ゐ呂き年輪 | Comments(0)

宇宙の話

なんと!!

銀河系にあるであろうわれわれ人類も含めた高度文明の数

それを導きだす方程式があるそうです。

N=R*×fp×ne×fl×fi×fc×L

 「ドレイク方程式」





実際に数値を入れて計算すると答えは、20,000

多いようにみえますが

実際に惑星を一個一個調べていって

文明を見つける確率は、1,000万分の1だそうです。





方程式の最後にある項Lは、

技術文明が実際に通信を送ることが可能な年数です。





人類が滅びず

文明を成熟させていくことができれば、

いつの日か

宇宙人に出会う日が来るのかもしれません

なんかワクワク❤しますね~♪


















,
[PR]
# by whekata | 2016-05-28 20:06 | 100年の独り言の種 | Comments(0)

ファスンライブ@Lamp

a0089808_1025968.jpg






昨日は待ちに待ったファスンのライブがありました


場所は松尾消防署近くの カフェと雑貨のお店 「Lamp」


20人ほど座ると満員の、けっして大きくないスペースの中


ファスンのギターとやさしい歌声が静かに響きます♪








じつは、ファスンのライブをみるのはこれで5回目


そのうちの2回は桜坂アサイラムという音楽祭で


希望ヶ丘公園と桜坂劇場前の屋外でありました


あとの3回はLampでみています♪


Lampでのライブは


アーティストと観客の距離がとても近く


アーテイストの呼吸の音まで聞こえる贅沢な空間です


あとお酒も飲めるし~♪








ファスンは星や月や太陽をみるとき思わず


「ありがとう」と言ってしまうそうです


なにかいろいろなものをもらっているみたいで感謝するそうです


そんなファスンだから


Lampの空間がとても居心地のいい雰囲気に包まれます♪


次はいつ沖縄でライブするのか、待ち遠しくって楽しみです



























   
[PR]
# by whekata | 2016-03-30 11:12 | 舞うメロディーと詩の受粉 | Comments(0)

劇団H2O 「空の落ちる町」


   夕陽をみていると
a0089808_20473775.jpg

   なんだか空が町に


   落っこちてるみたい


   人との出会いも


   なんかそんな感じが


   するんだよねー





***************  あらすじ  *********************



   放課後、夕暮れが手を伸ばす教室の一角。

   文乃は高校3年生の秋にもなって、

   進路が決まらず晴香たちに急かされていた。

   何処にでもある平凡な日々だった。

   「アタシ、ずっと先の未来から・・・

   タイムトラベルしてきたんだ。」

   その言葉をみんなに告げるまでは・・・・・。




******************************************













仕事が休みの日は出掛けるようにしていて


演劇、ミュージカル、バレエ、歌舞伎、組踊etc.など、


興味があるものはなるべくみるようにしています♪


あと・・・、最近はプロレスも!!




今回は雨の中、劇団H2Oの演劇を見てきました~♪


場所は、50人も入れば満員の「わが街の小劇場」


この小さな劇場は、舞台と観客席が近く、


役者の表情が間近で見れるので何度も通っています♪


さて!舞台の方ですが・・・・・一言でいうなら・・・・・ 








おもしろかった!!!


いい意味で裏切られた序盤のストーリー展開


出演者6名の個性的な役柄


笑いや、ほろっとくるシーンもあって


ほんとにおもしろかった♪






じつはこの劇団、高校生だけの劇団で


劇団OZEの、妹弟分的な劇団です。


今回の公演は、高校卒業二人の最後の公演と、


三人の初お披露目公演でした。


だけど


みんな高校生とは思えないほどの、のびのびとした堂々の演技!


しかも今回は出演者の高校生が書いた脚本!



うん、劇団OZEのいい先輩方にかこまれてるおかげでしょうな~♪





毎年、劇団員の入団と卒業があって顔ぶれが変わる


のびしろのある世代の、そういう楽しみのある劇団です♪

[PR]
# by whekata | 2016-03-06 21:59 | 深遠の根っこ | Comments(0)

ベーコンに挑戦!



       豚バラブロックに塩コショウをすりこんで


       ローズマリーとローリエを


       肉の表面になじむようにおしつけ~


       キッチンペーパーで包んで、


       冷蔵庫で寝かせて二日目~♪


       ふぉふぉふぉふぉ~♪


       なんか美味しくなってきたきがする


       あと五日、水分を抜きながら熟成させた後


       燻製したら~~~


       ベーコンの出来上がり❤











a0089808_179814.jpg
[PR]
# by whekata | 2016-02-26 17:18 | 美味礼賛のこの実 | Comments(0)

生きてるって言ってみろ

a0089808_1430278.jpg


「生きてるって言ってみろ」

  作詞/作曲 友川かずき



ビッショリ汚れた手拭いを

腰にゆわえてトボトボと

死人でもあるまいに

自分の家の前で立ち止まり

覚悟を決めてドアを押す

地獄でもあるまいに

生きてるって言ってみろ

生きてるって言ってみろ

生きてるって言ってみろ

・・・・・・・





     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




     先日、桜坂劇場であった、友川カズキのライブにいってきました。

     彼のライブを初めてみたのは、沖縄ジァンジァンで20年ほど前のこと。

     その時のライブに衝撃を受けて、思わずCDを3枚買ってしまいました。

     それから、

     沖縄ジァンジァンがなくなり、

     友川カズキのライブに行く機会もなくなってしまいました。

     ・・・が、

     昨年から友川カズキのライブが復活!!

     今回やっとライブにいけました♪




     二十年ぶりにみた友川カズキは・・・





     相変わらずの毒舌ぶり

     なにものにも迎合しない覚悟

     ギターを弾きながら泡盛をがぶ飲みするお酒好き     

     さらに、ライブの前にパチンコ屋へ行くギャンブル好き

     (とくに競艇が好きらしい)

     まぁ、

     数え上げればいろいろでてきそうですが

     一度、ライブに行けばわかります♪

     ちなみに、

     ナインティナインの岡村隆史が

     友川カズキの大ファンだそうです。







*******************************************************************





            ○ 何が死だ!生でもないくせに!  (彼がいた~そうだ!たこ八郎がいた   作詞/作曲 友川かずき)






           ○ ポッカリ月が出ましたら、

             舟を浮かべて出掛けませう。

             波はヒタヒタ打つでせう。

             風も少しはあるでせう。      (湖上   作詞 中原中也   作曲 友川かずき)






           ○ その死は実に無残ではあったが

             私はそれをきれいだと思った

             ああ覚 今もくれんの花が空に突き刺さり

             哀しい肉のように 咲いているど   (無残の美  作詞/作曲 友川かずき)






           ○ 生きても 生きてもワルツ

             死んでも 死んでもワルツ

             出会いも 出会いもワルツ

             別れも 別れもワルツ     (ワルツ  作詞/作曲 友川かずき)










*******************************************************************







     

     20年前、

     初めて友川かずきのライブをみた時の感想を

     日記に書いてありました・・・









a0089808_14261749.jpg











     おいらもその当時は、少々トガっていたのかしら・・・


















[PR]
# by whekata | 2015-09-20 16:29 | 舞うメロディーと詩の受粉 | Comments(0)

楽市楽座



     ある日曜日の夕暮れどき、









          ~♪






                    ~♪




              ・・・





                      ~♪











     風に乗って、かすかに聞こえてくるギターの音色   ~♪








     ・・・






















a0089808_16293783.png





















     ん?!なにやら舞台のような・・・












     楽しげな音色にひかれて、近づいてみました。














    場所は新都心の公園。














    舞台の周りにいすが並べられ、




    子供にその親、おばあちゃん達、女の人や、男の人がおもいおもいの場所に座って、




    舞台がはじまるのを待っていました♪










a0089808_16474276.png












     ポスターはちょっと怖いですが、




     父親と娘の親子愛と、




     その父親と幽霊の女の人の恋?! の物語♪




     入場無料の投げ銭です。



      
     お芝居が始まる前に、まず折り紙が配られます。



     その折り紙にお金を包んで(いくらでもいい)、



     自分がいい!!と思ったお芝居の場面で



     舞台にお金を投げ入れます。













     夜風にあたりながら




     役者のよくとおる声が夜空に響いていきます♪










     大阪弁のセリフ♪



     歌や踊り♪



     笑いや、ちょっぴり涙も♪






    いいと思った場面で、みんなで投げ銭。     チャリ~ン    チャリ~ン♪





    楽しい舞台でした♪





a0089808_17343392.png









↓詳しくはこちら
野外劇団『楽市楽座』~北は北海道から、南は沖縄まで~
[PR]
# by whekata | 2012-03-05 16:51 | 深遠の根っこ | Comments(2)

キジムナーフェスタ・2011

a0089808_1712469.jpg


毎年、沖縄市で行われる国際児童・青少年演劇フェスティバル 「キジムナーフェスタ」


今年は2011年 7月23日(土)~31日(日)の9日間開催されました。

 
小さな子どもから大人まで楽しめる選りすぐりの世界各国の作品が沖縄市に大集合


ドイツ、イタリア、フランスなど今年は14ヵ国が参加しました。



↓詳しくはこちら
キジムナーフェスタ 














a0089808_1737914.jpg



僕は、ドイツの人形劇「少年クラバート」と現代舞踊「安藤祥子沖縄を踊る」を観ました♪


人形劇「少年クラバート」はドイツ語で意味はわからなかったのですが、


劇が始まる前に、あらすじが書いてあるパンフレットをもらったので


今がどういう場面なのかとか、次はこういう場面だなとか想像も膨らみ楽しめました♪


それから、人形劇なんだけど団員の人達も場面に応じて登場人物になったり、小道具になったりと、


演出の質の高さと、表現の自由と可能性を感じた舞台でした♪


現代舞踊「安藤祥子沖縄を踊る」は、琉球音階の笛の音から静かにはじまりました。


久しぶりに聞く琉球音階の笛の音色は、やっぱり自分が琉球民族であることを思いださせてくれました。


その音色を聞いていると、なぜか山之口獏の詩が頭の中に浮かんできて涙ぐんでいました。





「弾を浴びた島」

島の土を踏んだとたんに

ガンジューイとあいさつしたところ

はいおかげさまで元気ですとか言って

島の人は日本語で来たのだ

郷愁はいささか戸惑いしてしまって

ウチナーグチマディン ムル

イクサニ サッタルバスイと言うと

島の人は苦笑したのだが

沖縄語は上手ですねと来たのだ






「沖縄よどこへ行く」

 (前略)
いま こうして郷愁に誘われるままに

途方に暮れては

また一行づつ

この詩を綴るこのぼくを生んだ島

いまでは琉球とはその名ばかりのように

むかしの姿はひとつとしてとめるところもなく

島には島とおなじくらいの

舗装道路が這っているという

その舗装道路を歩いて

琉球よ

沖縄よこんどはどこへ行くというのだ
 (後略)






「座蒲団」

土の上には床がある

床の上には畳がある

畳の上にあるのが座蒲団でその上にあるのが楽といふ

楽の上にはなんにもないのであらうか

どうぞおしきなさいとすすめられて

楽に坐つたさびしさよ

土の世界をはるかにみおろしているやうに

住み慣れぬ世界がさびしいよ
[PR]
# by whekata | 2011-08-03 18:12 | 深遠の根っこ | Comments(4)