舞台「女郎花」@トップノート

a0089808_20504185.jpg
   芸術の秋まっただ中ですね~

 
   ということで・・・
  




   11月23日に、那覇市久米の「トップノート」で


   僕の知り合いが舞台をします。


   ・・・


   まぁ、フライヤーを見るかぎりちょっとあやしい舞台ですが、


   場所が、普段ジャズのライブをしている「トップノート」なので


   安心して見に行くことができます




   大人でアンダーグランドな世界ですが、


   あなたも、チラッとのぞいてみてはいかが♪

  
                   



a0089808_21031084.jpg



  


   先日、リハーサルを見てきましたが


   みんな頑張っていました。


   なにせ、出演する主要メンバー5名


   初舞台なもんで、あたたかい目で見て欲しいです。


   いろいろ悩んだそうですが


   ←舞台の骨子もできているそうです。
















[PR]
# by whekata | 2018-11-21 21:26 | 深遠の根っこ | Comments(0)

Ray Yamada@live music bar SOUND M'S

a0089808_13365883.jpg
  先日、魅力的な女性シンガーと出会いました。

  場所は、那覇市久茂地にある 

  live music bar SOUND M'S(サウンドM's)

  そこで10月23日に Ray YamadaさんのLIVEがありました♪

  パワフルな歌声と存在感!!

  自由奔放!! 天真爛漫!!

  男前で艶っぽい素敵なライブでした!

  次の沖縄でのライブが楽しみです♪

  Ray Yamada安心のバラッド











                    12月には東京の新国立劇場で                    a0089808_14405777.jpg

                    近松門左衛門の

                    描いた究極の愛を

                    フラメンコで表現する

                    「AY-アイ- 曽根崎心中」の

                    お初/歌 で出演するそうです♪

                    ん~♪これもおもしろそうだ!!


































[PR]
# by whekata | 2018-10-25 14:50 | 舞うメロディーと詩の受粉 | Comments(0)

mama!milk@Lamp

a0089808_15272052.jpg




先日、松尾にあるカフェLampで


ろうそくの灯りと、自然香水がかおる中


mama!milkのライブがありました。


世界各地を巡りながら自由に音楽を紡ぐ


生駒裕子(アコーディオン)、清水恒輔(コントラバス)によるデュオです。


ワルツやタンゴ、クラシックや実験音楽などを叙情豊かに演奏します。





僕は3年ほど前にmma!milkと出会い


毎年かかさず見に行くようにしています。





アコーディオンのメロディーと


コントラバスの響くような低音を


ときに静かに、ときに激しく奏でていきます



アコーディオンのじゃばらを引いていくと


ジャバラの表の色、漆黒の間間から


奥に埋もれていた紅い色が現れて


それが肉ひだのようにうねり、メロディーとともに


ゆっくり

ゆっくり


呼吸しながら波打つのです



mama!milk


色香がほの暗い空間に少しずつ漂い


染み込んで濡れていくのですが、


切なさも少しづつ、あふれてきて満たし


わが身をそっと

愛撫しつづけるのです






僕の表現で少しでも伝わってくれればと思うのですが

とにかく!! おすすめです♪




mama!milk↓
https://www.youtube.com/watch?v=JdkT93nwmeA&start_radio=1&list=RDJdkT93nwmeA#t=174















[PR]
# by whekata | 2018-10-08 17:05 | 舞うメロディーと詩の受粉 | Comments(0)

テオ・ヤンセン展覧会in沖縄2017

a0089808_10555838.jpg   ・・・ある日、作者テオ・ヤンセンは、

   DIYショップのプラスチックチューブ売り場にふと足をとめた。



   この瞬間、仮想生物に、形も重さもある命が与えられることになった。

   そして、まもなく最初のストランドビーストが誕生した。

   以来、ビーストは着実に進化を続け、今や神経や脳まで備えるようになった。






   「風からエネルギーを得る生物は、ほとんど、あるいは全く食料が必要ないので、

    砂浜のように風が強く栄養分に乏しい土地を支配することができるだろう。

    自然の他の生物と競争する必要はない。

    ここにストランドビーストにとって大きな利点がある」
















先日、沖縄県立博物館・美術館にテオ・ヤンセン展覧会を観に行った。 a0089808_11270403.jpg

 
ストランドビースト

風を食べて動くこの生き物をテレビで見たことはあったけど、

まさか本物をみることができるとは思っていなかった。

会場では、ストランドビーストの胃袋(ペットボトル)に

コンプレッサーで空気をため、実際に動かしてみせます。

スタジオジブリのアニメにでてきそうな形と動きにビックリします。


沖縄の砂浜で、沖縄の風をまとい、歩き出す姿を想像するとわくわくしました。





a0089808_11305413.jpg






a0089808_11344403.jpg






a0089808_11400914.jpg


足のアップ





a0089808_11415827.jpg


動かなくなったストランドビーストのパーツ、化石といわれる








テオ・ヤンセン展覧会 沖縄県立博物館・美術館は11月12日までです。

自分で押したり引いたりして動かせるビーストもありますよ♪















[PR]
# by whekata | 2017-11-06 11:55 | 深遠の根っこ | Comments(0)

農連市場アート展



農連市場(農連中央市場)は、国際通りからほど近い第一牧志公設市場から徒歩10分ほど。



a0089808_16104694.jpg








戦後、「県民の食の台所」と呼ばれ、都市エリアにありながら昭和のノスタルジックな雰囲気が残っていました


昭和28年(1953)に開設し、60年間同じ姿をとどめる昔ながらの市場でしたが、再開発が始まっています。












a0089808_155797.jpg
















a0089808_16113332.jpg
















a0089808_1612656.jpg

















そんな農連市場で5月1日~5月10日に農連市場アート展がありました













a0089808_15434690.jpg

















a0089808_16131877.jpg

















a0089808_16134691.jpg

















a0089808_16141417.jpg















ノスタルジックな雰囲気の市場内のあっちこっちに、アート作品が置かれていました



作品名や名前などが書かれた案内板や目印がありましたが



一周まわっただけでは見つけきれないものあって、市場内を三周ぐらいまわりました



それだけ違和感なくアート作品が日常の景色にとけこんでいたのです♪



















[PR]
# by whekata | 2017-05-15 16:33 | 深遠の根っこ | Comments(0)

欧州からの春便り~歌とピアノにのせて



a0089808_11533997.jpg
a0089808_11535181.jpg



「プログラムは佐渡山のピアノソロでシューマン作曲の謝肉祭を


原田・當山でドイツとフランスの歌曲


佐渡山・當山のピアノ連弾で、フォーレ作曲ドリー、ブラームス作曲のハンガリー舞曲より演奏します。


3人で沖縄で演奏する動機は、佐渡山が沖縄出身


私も夫が沖縄出身なので、かねてから、ぜひ一度沖縄で演奏したいと3人で話していたためです。」



               ********************************************************************





っていうことで!!


友人の奥様が出演する歌とピアノの演奏会♪


普段、マイクとスピーカーから通した音ばかり聴いているので


本当の音を聴くにはいい機会です♪


a0089808_1611372.jpg



チケットげっちゅう~♪


















[PR]
# by whekata | 2017-03-20 16:18 | 舞うメロディーと詩の受粉 | Comments(0)

第一回中城演劇フェスティバル


2017年、いつのまにやら3月・・・

年明けの1月、第一回中城演劇フェスティバルがありました♪

場所は、世界遺産の中城城跡

城壁に囲まれた舞台の上で第一級の演劇、舞踏、狂言が上演されました。




僕が観にいけたのは演劇と舞踏





まずは、27年前に東京で見たことのある

「幕末純情伝」  作 つかこうへい


a0089808_14443564.jpg

   あらすじ

   新撰組に女がいた、沖田総司。

   小さいころから男として育てられた孤独な女

   総司は愛する土方歳三のため、勤皇の志士たちを斬り続ける。

   そんな総司の前に、土佐の龍 坂本龍馬が立ちふさがった。


   総司と土方、そして龍馬の胸を焦がす、熱い恋の行方とは?

   そして、勝海舟、桂小五郎・・・幕末の若き志士たちが夢見た、

   新しい時代の夜明けとは?

























それと、舞踏劇「クレージーキャメル」



a0089808_1502092.jpg

   ごあいさつ

   この舞踏劇は、公演するその地、その地を寿ぐ性質のものです。

   特にこの中城城跡という由緒ある「場」は、

   古来からの魂たちが大いに集う場であります。

   我々はその魂たちと共におどり戯れるということになります。

   むしろその魂たちの笑いや苦悩や怒り、悲しみ等々が我々舞踏者をおどらせ、

   演じさせるのだと考えます。

   ・・・・・


   主宰・舞踏家・俳優

   麿 赤兒
























1月の寒い時期の野外なので

寒さが足元からじわじわきますが、

防寒対策をバッチリすれば大丈夫!!  ・・・かな

まぁ、希望をいえばもうちょっと暖かい時期がいいかなとは思いますが

中城城跡という

「兵どもが夢のあと」的な雰囲気のある場所での

中城演劇フェスティバルが、これから楽しみです♪♪



2017年、

いい舞台を観れて勢いのあるいいスタートがきれました!!













a0089808_1526122.jpg

[PR]
# by whekata | 2017-03-01 15:30 | 深遠の根っこ | Comments(0)

怖い夢


一番怖かった夢があります。
a0089808_16355654.jpg




・・・





気づくと私は闇の中にいました。

まわりは何も見えない深い深い暗闇です。

ただ、じっと見られている視線だけを感じました

落ち着かない私は、視線の感じる方に目をやりますが何も見えません

ただの闇、闇、闇です。



目をそらすことができずにいると

漆黒の闇の中から、ふっ と顔だけが浮かんできました。



それは

無表情なのに目をしっかり見開いてこちらをただ、じっと見つめていました



その人物は

私が今どんな状態なのかも

どんなにその場を誤魔化そうとしているかも

どんなささいな嘘をつこうとしているかも

そのすべてを見透かしていました。

その顔にじっとみられていると、首筋から冷や汗がひとすじ流れていきました



じっと私をみつめ深い深い闇の中から

ふっ と浮かび上がったのは





自分の顔





そこで目が覚めました。















[PR]
# by whekata | 2016-06-01 16:44 | 緋ゐ呂き年輪 | Comments(0)

宇宙の話

なんと!!

銀河系にあるであろうわれわれ人類も含めた高度文明の数

それを導きだす方程式があるそうです。

N=R*×fp×ne×fl×fi×fc×L

 「ドレイク方程式」





実際に数値を入れて計算すると答えは、20,000

多いようにみえますが

実際に惑星を一個一個調べていって

文明を見つける確率は、1,000万分の1だそうです。





方程式の最後にある項Lは、

技術文明が実際に通信を送ることが可能な年数です。





人類が滅びず

文明を成熟させていくことができれば、

いつの日か

宇宙人に出会う日が来るのかもしれません

なんかワクワク❤しますね~♪


















,
[PR]
# by whekata | 2016-05-28 20:06 | 100年の独り言の種 | Comments(0)

ファスンライブ@Lamp

a0089808_1025968.jpg






昨日は待ちに待ったファスンのライブがありました


場所は松尾消防署近くの カフェと雑貨のお店 「Lamp」


20人ほど座ると満員の、けっして大きくないスペースの中


ファスンのギターとやさしい歌声が静かに響きます♪








じつは、ファスンのライブをみるのはこれで5回目


そのうちの2回は桜坂アサイラムという音楽祭で


希望ヶ丘公園と桜坂劇場前の屋外でありました


あとの3回はLampでみています♪


Lampでのライブは


アーティストと観客の距離がとても近く


アーテイストの呼吸の音まで聞こえる贅沢な空間です


あとお酒も飲めるし~♪








ファスンは星や月や太陽をみるとき思わず


「ありがとう」と言ってしまうそうです


なにかいろいろなものをもらっているみたいで感謝するそうです


そんなファスンだから


Lampの空間がとても居心地のいい雰囲気に包まれます♪


次はいつ沖縄でライブするのか、待ち遠しくって楽しみです



























   
[PR]
# by whekata | 2016-03-30 11:12 | 舞うメロディーと詩の受粉 | Comments(0)